あらゆる事件に対応しております。お気軽にご相談ください。

紳法律事務所

sin law office

お気軽にお問い合わせください

075-211-0878

お問い合わせフォーム

[受付]10:00 〜 18:00 (時間外・土日祝の場合は事前予約頂ければ対応可能です)

HOME > 取扱業務

刑事事件

無罪よりも不起訴、そして身柄解放に最大の価値を置いた弁護活動を行います。
いったん刑事被疑者として、法律に定まったレールに乗せられてしまうと、仕事や私生活において甚大な不利益が生じます。ことに起訴されてしまうと、身柄拘束が長期に及ぶなど生活面や精神面での不利益は計り知れないものとなります。
刑事事件では、一見重大事件に見えても、被疑者段階での活動次第で不起訴等の軽微な処分で済む場合があります。
この事案で取れる最も軽い処分は何か、そのためには何をすべきか、最良の結果に向けた弁護活動を行います。
刑事事件

少年事件

少年事件は、大人の刑事事件の流れと異なる部分が多く、弁護士であっても不慣れな場合もあります。
当事務所では、これまで多くの少年事件を扱ってきた経験をもとに、お子さんの再非行の防止を主眼としながら、保護観察や試験観察などの社会内処遇を得ることを念頭とした活動を行います。
また、身柄拘束を受けた少年は大人の方よりも一層大きな不安を感じている場合が多々あり、自分の味方だと思える弁護士がとても心強い存在にもなります。
当事務所は、お子さんと保護者さんの心の支えという面からも全力のサポートをいたします。
少年事件

離婚・男女問題

離婚は、現代社会の中で、たいへん身近なトラブルです。
しかし、離婚なさる当事者にとっては、それまでの人生の中であるかないかというほどの大きなダメージを受けることが多いと思います。
それゆえ、当事者になると、冷静な判断ができず、何も考えられないような精神状態に陥るのが通常だと思います。
そもそも離婚できるのか、また、養育費、親権、生活保障といった問題について、1人で思い悩まずにご相談ください。
一日も早い解決に向けて、全力であなたの再スタートをお手伝い致します。
離婚・男女問題

遺産・相続問題

遺産分割協議・遺言書作成など、遺産相続のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。
親族間の紛争の態様を念頭に、将来起こりうる事態も視野に入れ、適切なご提案をいたします。
また、相続や遺産分割については、短期の時効が設けられている場合もあります。
早期にご相談いただけたらと思います。
遺産・相続問題

不動産・建築問題

買った家や土地に欠陥があった、売った家の不具合についてクレームを言われている、貸家の賃料が支払われない、急に借家を出て行けと言われて困っているなど、不動産に関するトラブルは早期にご相談ください。その他境界や私道についてもお受けしています。
不動産に関する紛争は、法律の規定や過去の判例の積み重ねで白黒がつく場合があります。そうでなくとも、交渉がものをいう場合も多くあります。
当事務所は、不動産に関するトラブルに関しても専門的に扱っております。
暗礁に乗り上げたような事案でもお気軽にご相談下さい。
不動産・建築問題

交通事故

交通事故の賠償では、後遺障害等級や過失割合など、損害額を大きく左右する項目について争いが生じることが多々あります。
そして、争いが生じた場合には、ちょっとした事実、例えば、途切れることなく通院していたか、初めての通院は事故直後にされているか、過去によく似たケガで通院していないか、といったことが大きな影響を及ぼすことがあります。
当事務所は、依頼者様が被害者・加害者いずれの場合を問わず、保険会社との交渉や、後遺障害等級の認定、異議申立て、さらにはその後の訴訟について、手厚くサポートいたします。
交通事故

相手方との交渉

どのようなトラブルであっても、裁判にならずに交渉で片付けば、当事者にとって負担が少なくて済みます。
それゆえ、当事務所では、多くの事件でまずは交渉からスタートすることを基本としており、実際に、交渉だけで終結する事件が多数を占めています。
また、裁判をして勝訴が見込める場合であっても、様々な事情により、裁判に乗せたくないという場合もあります。そのような場合にも、交渉での解決が依頼者様にとっての最大利益となります。
交渉で解決できる事件は広範囲に及びます。どのような事件でも、弁護士にご相談ください。
相手方との交渉

書面作成

公正証書や契約書、その他民事・刑事を問わず、あらゆる書面の作成に対応しております。
たとえば、離婚の合意はととのっているものの財産分与や養育費・お子さんとの面会交流等についてはきちんと書面で約束しておきたい、今後請求を受けることがないよう示談書を作成したい、顧客との間で免責条項を設けておきたい、告訴状や告発状を作りたい、行政機関や大企業に対する意見書を提出したい、そういった場合には、当事務所にご相談ください。
依頼者にご納得いただける書面を作成いたします。
書面作成

ストーカー対策

ストーカーは、一度発生すると、大変な労苦を伴う対処が必要となる場合があります。
当事務所では、警察への相談や刑事告訴をはじめとして、法律でなしうる最大限の対策を行うことをお手伝いいたします。
ストーカー対策では、その場を収めることも大切ですが、今後二度と同じ人物から同様の被害を受けないことこそ重要であり、粘り強い対処が必要となります。
一人で抱え込まずに、弁護士にご相談ください。
ストーカー対策

企業内の紛争

同族企業や役員間での派閥抗争など、会社支配権をめぐって深刻なトラブルに発展する場合があります。
不当な新株発行によって役員を解任された、事実無根の不祥事で会社での居場所をなくされた、粉骨砕身してきた会社を不当に追い出された・・・こういった会社支配権をめぐるトラブルでは、会社法などの専門知識を駆使した対処が必要となります。
当事務所では、紛争の内容をよくお伺いして、取りうる手段をアドバイス・実践いたします。
また、顧客や従業員の奪取・引き抜き、その他労使間紛争等についてもご相談をお受けいたします。
企業内の紛争

顧問

法人個人を問わず、些細なことでも、いつでも尋ねることができる法律の専門家がいることは、とても心強いサポートとなります。
また、民事事件・刑事事件いずれであっても、顧客の事情を把握していることからくる対応の迅速さや、親身さも顧問弁護士のメリットです。
その他当事務所では、法律相談の無料(一定時間)や着手金の減額、また、電話(弁護士の携帯電話も含む)での相談にも可能な限り対応させていただいております。
顧問

その他法律相談

当事務所では、相談者様のお話をよくお伺いしたうえで、相談者様にとって最も利益のある方法は何かという観点から、法的アドバイスをいたします。
ご依頼の有無を問わず、どのようなお悩みでも、一度ご相談ください。ご相談料については、早期にご依頼いただいた場合には着手金から控除いたします。
その他法律相談

ページ先頭へもどる